>  > 何となく風俗と思った

何となく風俗と思った

特に理由はありませんが、何となく風俗がいいのかなって思ったんですよね。仕事帰り、せっかく次の日も休みなのに何かしたいって思っても、何も思い浮かばないんですよ(苦笑)かといって真っすぐ帰宅するのもそれはそれで勿体ない。せっかくだから…と思っても風俗以外はあまり選択肢がないので、それなら風俗が一番良いのかなって思ったんですよ。それによくよく考えてみたら風俗は特に予約も必要ないですし、気が乗らなければ無理に利用する必要もないしで男にとっては何かと都合の良いものなんじゃないかなと思いますしね。だから最近では休日前の仕事帰りには風俗のお世話になることが増えました。女の子と遊んで少し遅く帰宅する。何だか仕事帰りのいわゆるアフターファイブの時間を楽しめているので、自分の中で充実感のようなものも芽生えるんですよね。それって何気にありがたいというか、自分にとってとても貴重なものだなって。本当に風俗はありがたいですよ。

大切なものだと分かって来た

なんだかんだ、風俗こそ自分にとって一番大切なものなんじゃないかなって思うようになってきたんです。これだけ定期的に利用しているものって風俗以外にはそれこそ生活に必要なものばかりなんですよね(笑)つまりは自分にとっては風俗は生活インフラと言っても決して過言ではありません。風俗で女の子に抜いてもらうことによって自分の気持が落ち着くんです。それってかなりありがたいというか、他にそんなことをしてもらえるサービスなんて存在しないんじゃないですかね(笑)そう考えると風俗がどれだけありがたいものなのか自分でもわかるようになってきたんですよね。特にプライベートで女の子と遊ぶシチュエーションなんてほとんどない自分のような人間にとって風俗での時間はとても貴重なものです。だからこそ、もっともっといろんな形で風俗と付き合っていきたいなと思っていますけどね。それくらい風俗はとても貴重だなって最近思わされるようになったんです。

[ 2017-01-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談