TOP

嵐が来ても風俗へ行きたいほど風俗が好きな私の体験談です。

ピンポイントな強みですよ

ピンポイントで快感を与えてくれたのがEちゃんです。彼女、相当美形な風俗嬢だったんですよね。そこでいろいろな形で楽しませてもらいたいって思ったんですけど、彼女はビジュアルが良いものの、本当の売りはビジュアルではなく高度なフェラチオでした。こちらの快感の場所とか癖とかすべて把握しているんでしょうかね。とにかく上手でした。快感に対してピンポイントなんです。ピンポイントで攻めてくるので気持ち良いんですけど、ピンポイントでありつつじっくり攻めるんですよね。だから快感が離れないんですよ。表面上の快感だけではなく、まるでこちらに対して快感を刻んでいくかのようなあの時間…。思い出すだけで興奮が蘇るかのようですよ(笑)そして思ったんです。これまで風俗嬢を選ぶ際にはどちらかと言えばビジュアル重視でしたけど、やっぱりテクニックだって大切だなって。おかげでここまで満足出来たんです。テクニック重視に思うのも当然でしょう。

いい加減でも風俗は楽しい!

いい加減な性格だってことくらい自分でも自覚していますけど、そんな自分でも楽しめるのが風俗ですよ。むしろいい加減な男にとって風俗は結構楽しいんですよ(笑)女の子とはその場限りの関係なんです。真面目にあれこれ話すよりもその場のノリで適当に話しているだけで楽しめるし、むしろそれによって風俗での時間が更に楽しいものになるんですよね。やっぱりある程度話した方がお互い警戒感も解けるし、安心感も出るしどこまで突っ込んでよいのかとかいろいろな事が見えるようになってくるんですよね。それって結構重要なんじゃないかなって思っているんですよ。それに自分自身、いい加減ではありますが話すのは好きなので風俗は自分にぴったりかなと(笑)基本的に一期一会なのでいつも自分の職業は違いますよね(笑)そこら辺は事実を追求するんじゃなく、その場だけ楽しめれば良いとあってノリで楽しませてもらっていますけど、そのノリのおかげで更に楽しめるんです。